FC2ブログ
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02

ノー イングリッシュ!

イタリア フィレンツェ

6月2日(水)・3日(木)



_EPS2633.jpg

フィレンツェといえば、ダビデ像)


こんにちは、翔太郎です

1日の朝10時、フランクフルトを出発。車窓からの景色を楽しみながらスイスを抜け
ミラノ・ボローニャを通り、夜9時、芸術の都「フィレンツェ」に到着!

最近、1泊して次の街へ向かうという移動の連続で
ユーレイルグローバルパスの元をちゃんと取れそう!

ただ1つ注意しないといけないのが、ドイツのICE(ドイツ版新幹線)は特急料金・指定料金はいらないが
イタリア版新幹線のユーロスターなどなど別料金が必要なケースもある

今回の移動では、スイスの街からミラノまでのECで1人約12ユーロ
ミラノからフィレンツェまで乗ったユーロスターでも10ユーロ

低予算の旅では、10ユーロでも十分痛い!



さてさてイタリアですが、この旅で初の本格的ラテン圏!

よくイタリアやスペインなどラテンの国では英語が通じないという話を聞きますよね

ただ、それは地方の町や一般市民のレベルのことで
イタリアでも屈指の国際観光都市フィレンツェでは、駅の窓口やホステルのスタッフは大丈夫!



と言いたいところなんだけど…

それがほとんど通じません

トルコから始まったヨーロッパ周遊
東欧の国々なども周ってきたが、駅やホステルで困ることはほとんどなかった

のに、まさかフィレンツェでもこのレベルとは

もちろん全く通じないというわけではない
ほとんど通じないって感じ

イタリア語訛りが強いので聞き取りにくい
そしてこっちが長文で話すと理解してくれないという具合

_EPS2631.jpg


フィレンチェ初日、朝から昼過ぎまで雨

雨の日は基本的には無理に歩かないようにしている
そういう時は時間を有効利用するため、イタリアの後に向かう予定のスペインへの電車の時間を調べることにした

普段、移動する際は 「ネットで検索→メモ→駅の窓口で確認」 という流れで行っている


検索の結果、フィレンチェ~マドリッドが

なんと約24時間

プラス別料金の必要な列車も数本あって、駅でいろいろと確認しないとよくわからない状況になった


しかし!
駅員はそんなややこしい会話は理解してくれず、最終的にはたらい回し


_EPS2619.jpg

(窓口での様子)


これじゃどうしようもないって事で
ホテルへ戻り自力で検索、一応確認する為駅へ行く

そんな作業を繰り返している間に雨も上がり快晴に

だが、なかなか上手くいかず、気づいたら夕方7時すぎ

ほぼまる一日をチケット手配などに使ってしまい何もできず
(いつもは数十分で終わる作業なのに…)

_EPS2621.jpg

(駅の窓口は観光客が多いせいか、いつも混んでいる)



しかし、そんな三人には、その夜楽しみな予定が入っていた

実はミヤの妹ヨーコちゃんがフィレンチェに住んでいて、
ルームメイトのアヤコさんも含め5人でイタリアンを食べることに

肉料理が有名なレストランで、
外で待ちのお客さんがいるほどの人気店

そこで食べた料理がこちら


どーん!

_EPS2639.jpg


なんと2皿で計3キロの牛肉ステーキ!

人生最大級のステーキを食べ、おいしい赤ワインとビールをいただきました

_EPS2640.jpg

(肉に噛り付く琢也)

まだまだイタリア編続きます!



ブログランキング参加中です
よかったらクリックお願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村







スポンサーサイト



[ 2010/06/05 01:52 ] イタリア(6/2~6/6) | TB(0) | CM(2)