FC2ブログ
2019 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 02

チリ・サンティアゴのおススメ市場!

チリ サンティアゴ


7月15日(木)


どーも、ショウタロウです


ペルー・ボリビアと続いた高所から、ようやく下って参りました

ラパスから空路4時間(イキケで1時間のトランジット含む)

14日の夕方、チリの首都サンティアゴに到着!


_EPS3246.jpg

(街からは6000m級の山々が見える)


首都サンティアゴの第一印象は、綺麗な街
リマ・ラパスとは街の雰囲気が全然違う

the南米というイメージではなく、どっちかというとヨーロッパに近い

標高も500m位まで下がってきてので、少しは温かいかなと期待していたけど

やっぱり寒い!(南米に入ってから、この時期はどこいっても寒い)



旅の中での大きな楽しみのひとつ「食事」
せっかく来たのだから、その土地の名物を一つは食べたいところ

最近は高地にいたので、どうしても肉が中心でした
しかし!チリは世界的にも魚介が有名な国!
(サンティアゴは直接海には面していないが、海産物が豊富)

このチャンスを逃せない!ということで、中央市場に魚介類を求めて出かけてきました


_EPS3244.jpg


(市場内には、とれたての魚貝類を使ったレストランがたくさん)

日本人の観光客も良く訪れる場所のようで、至る所で日本語が飛んでくる


「ウニ、ウニ~!」や、

「アナゴ、タラバガニ、スズキ~」などなど


とにかくレストランの客引きはスゴイ。地球の反対側で巧みに日本語を使います

そんな数あるレストランの中から、「donde Augusto」という店で昼食をとることに


_EPS3249.jpg

(ウニ盛りと貝中心のミックスシーフード)



ウニ盛りは1皿3000ペソ

3000ペソと聞くと非常に高いように思いますが、

1チリペソは日本円で約0.17円

なのでウニを1皿食べて、500円ちょっと!安いです!
しかも店で食べてこの値段なので、買ってホステルで食べればもっと安いはず
(この店では、キッコーマンの醤油とわさびを出してくれます)



ちなみにマリスコスという名前のミックスシーフードは

これまた3000ペソ程度



予算が限られているので、手の届かない料理も多々ありましたが

横の席でおばちゃんが食べていたタラバガニや
後ろの席で子供が食べていた、シーフードスープなどなど
食欲をそそるメニューがたくさんあります



_EPS3256.jpg

(市場内の鮮魚コーナー)




帰りに今晩の自炊の食材を購入

_EPS3259.jpg


イカ300グラムが300ペソ(日本円で約50円、格安です!)
エビ300グラムが3000ぺソ(日本円で約500円、イカに比べると高い)

どちらも量り売りなので、欲しい分だけ購入可能です



世界一周ブログランキング参加中です
いつもご協力ありがとうございます!
今回もワンクリックお願いします


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村





スポンサーサイト



[ 2010/07/16 05:22 ] チリ(7/15~7/18) | TB(0) | CM(0)