FC2ブログ
2019 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 11

ハンガリー宿情報+3人的宿ランキング!!

5月23日 ハンガリー宿情報+3人的宿ランキング!!

こんにちはミヤです。

ハンガリーでは300円せずにオペラを観ることができます!

IMG_3022.jpg

3人で観たのは子供向けの
「はだかの王様」

私は楽器をやっていたので、面白かったけど・・・
男2人は・・・
まず翔ちゃんは開始10分くらいで寝てました・・・
琢也は・・・
意外や意外!面白かったと!!!!
絶対一番退屈すると思ったのに◎◎

とはいえオペラは面白かった!
子供向けというのもあるけれど、飽きずに観る事ができました◎
これを子供の頃から体験できる環境はすばらしい!!!

********************************

ハンガリーで泊まった宿を紹介します◎

まずは

「アンダンテ」

日本人宿として有名な宿でちょいちょい噂は聞いておりました!

びっくりしたのは漫画の充実度

IMG_0615.jpg

私はあまり漫画を普段読みませんが・・・

読み始めたら外に出なくなりそう!

キッチンもあり、私たちは自分たちで作りましたが、夜はシェア飯も。
IMG_0614.jpg



【Andante】
・ドミトリー1人4,125フォリント(約1,660円)
・情報ノートあり
・Wi-Fiあり
・駅から地下鉄を使って15分(歩いても可能。でもバックパックをかついでだとキツイかも)
・フリーPC有
・キッチン有

次に泊まったのは「ヘレナホステル」

残念ながら私たちしか宿泊客はいませんでした・・・

以前は日本人で賑わっていたようです。

ヘレナは何と言っても安い!

2100フォリント!日本円で840円!

朝食付きでこの値段は安い!
あ、でも朝食はパンとヨーグルトと飲み物だけなので、男性は足りないと思います☆

IMG_3042.jpg

キッチンもあります
IMG_0658.jpg

【Herena Hostel】
・ドミトリー1人2,100フォリント(約840円)
・情報ノートあり
・Wi-Fi有(しかし管理人もパスワードが分からず使えませんでした)
・駅から地下鉄で15分(Andanteから近いです)
・フリーPCあり
・キッチン有


*********************************

さてさて旅が始まり、1ヶ月ほど経ち、泊まった宿も15ほどになりました!

ここで3人それぞれの宿ベスト1位を発表したいと思います!

パチパチパチ


ミヤ
「Hostel Mostel」(ブルガリア・ソフィア)
_EPS2088.jpg


地図を使った周辺情報の説明があったこと、朝食の充実度、リビングの広さ、スタッフの気持ち良さ
サービス面が非常に良かった!



翔ちゃん
「OM Rest house」(インド・バラナシ)
_EPS1141.jpg


宿からの景色がきれい!
楽しかった!!



琢也
「Hostel Mostel」
ミヤの理由+色々な国籍の人が来ていた
周りの観光資源が楽しければ文句なし!


とな!

アジアから旅が始まり、最初はホットシャワーでないのが当たり前・・・
ヨルダンでホットシャワーが出たときはちょっと感激でした!笑

ヨーロッパはやはりレベルが高い!

特にドイツはYHの発祥の地
これからがますます楽しみーー!


ブログランキング参加中!
クリックお願いしまーす◎◎

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2010/05/24 16:51 ] ハンガリー(5/21~5/23) | TB(0) | CM(3)

東欧の風

5月21日 ハンガリー

ブルガリア&セルビアを抜けてハンガリーに朝5時に到着しました。琢也です

実はブルガリア&セルビアを希望したのは俺
旧社会主義国家の匂いを感じたくて、できれば東欧の国に行きたかったんだけどトルコからのルートを考えてこの2カ国にした
日本じゃなかなか経験できないかと思って


普段は町並みを歩いていても、面白いと思うことはほとんどなかったのだが
この旅で初めて外を歩いてみたいと思うほど、セルビアではなぜか町並みがすごく魅力的だった
有名な爆撃ビル(NATO軍に爆撃されて破壊されたビルがそのまま残っている)はもちろん

IMG_0544.jpg


古い建物ばかりで、色はすごくどんよりしている

IMG_0546.jpg


ということで、町をブラブラ歩いてみる






何かおかしい

歩行者天国のような場所や人が集まっている広場にいっても、もちろんアジア人は俺一人

しかしなぜか違和感があった



そう、視線を全く感じないのだ



小さなアジア人なんか目にも入らないってか


はいはい、空気空気



と少し自虐的になってみたものの、どうやらそうではないようだ


たまに一瞥はするものの、これまでいった国のように「物珍しさによる視線」ではなかった


もちろんアジア人なんかと接したこともない人も多いから、少しは視線を感じてもいいし、「Japanese~~~!!!」などとからかってくる人も全くいない





そう、これには深い理由がある



セルビアは以前社会主義国家で






と、もっともらしい理由を考えてみたが、全く歴史に関して知識がなかったので無理でした テヘ



けどあのえも言われぬ国全体の空気感は今後忘れることはないだろう


そして寝台代金をケチって、クシェット(多人数かけのイス)でヨーロッパの宝石ハンガリーへ
IMG_0592.jpg

ぜひ1クリックお願いします
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
[ 2010/05/21 21:05 ] ハンガリー(5/21~5/23) | TB(0) | CM(0)