FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホステルと喧嘩!!



出発の朝、いつものようにチェックアウト時に支払い


「ん??高い。」

翔太郎が呟く・・・


「詳細を見せてくれないか?」


見てみると・・・

ホステルブッカーズで1日1人45ボリビアーノ(以下Bs)の部屋を予約したのに、60Bsになってる!!

しかも

ホステルブッカーズで予約したから、10%の27Bsを既に払ってるのに、4.5Bsしか引かれてない!!


確かにチェックインの時に、予約した部屋がまだチェックアウト前だったから、ベット数が少ない部屋に泊まったんだけど、金額の話はされていない

もうボリビアを出国するからギリギリの金額しかないし

というか、金額が変わるのに、何の説明もされなかったことが納得いかない!!

45Bsと60Bsの違いは日本円で200円くらい

たったこれだけ

でも

翔太郎にとっては、残業をたくさんして、窶れながらも稼いだお金

あたしと琢也にとっては、日本にいる2人と一緒に、4人で1年かけて貯めたお金だ



理不尽な使い方をしたくない!!!

するわけにはいかない!!




戦いが始まった・・・



うちら:「確かにベット数が少ない部屋に泊まったが、金額の話はされていない」


ホステル:「いや確かに説明はしていないが、でも金額は知っていると思った」


うちら:「高いだろうとは思ったけれど、金額は知らなかった。もうボリビアを出るからお金はない」

(ってゆーか、全部の部屋の金額なん普通知らないし!!)

ホステル:「いや、でもこの部屋は60Bsだ」



ここで琢也の反撃開始


琢也:「じゃぁ、もしこの部屋がくそ高くて100ドルだったら、100ドル払えと言うのか?」

ホステル:「いや、ここは100ドルじゃない」


琢也:「いや、例えばの話だ。でも、金額が違うとはいえ、君たちが言っているのは、それと同じことだ。説明責任があるのに、それを怠ったのはそっちの落ち度だ


ホワイトボードを使って、熱弁


しかしホステル側もなかなか引き下がらない

刻々と時間が過ぎ、頼んだタクシーも外で待ってる


フライト時間も迫ってきている

ここで変にゴネて、フライトに遅れたらアホ


結局60Bsが55Bsになり、これ以上はボスと話しをしてくれとのこと

時間も時間なので、ここで断念


くぅー後味めっちゃ悪い!!

実はこのホステル
プーノで私たちが絶賛した「Point Hostel」の姉妹店

姉妹店とはいえ、スタッフによって、ホステルの雰囲気は全然違うと実感

プーノはアットホームだったのになぁ。。

残念。


さてさて今日チリに着きましたーー

チリはなんだかヨーロッパみたい!!!



世界一周ブログ参加中!!
ワンクリックお願いします○○


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



Miya
スポンサーサイト
[ 2010/07/15 09:55 ] ボリビア(7/8~7/14) | TB(0) | CM(0)

エアーズロックを超える星空があった

7月10日 ボリビア ウユニ塩湖 琢也

ついにやってきました、極寒のウユニ塩湖

地表は40センチの塩の層があるだけで、その下はすべて湖
見渡す限りの白い世界が広がります

こんなことや
IMG_1520.jpg

IMG_1518.jpg

IMG_3944.jpg

こんなのもよくするな

最初は列車墓場といって、廃棄された列車が集まる場所
IMG_3884.jpg

IMG_1510.jpg


IMG_1508.jpg

夜は塩でできたホステルへ
宿泊客は俺たち3人のみ
水無し、電気無し、そして

スタッフ無し

夜9時に帰った(笑)

外はマイナス15度 室内でも0度前後なので完全防寒

そして7月10日は私桐村琢也の

25回目の誕生日!

塩のホステルで、大好きなウォッカを飲みながら大宴会

IMG_1529.jpg

IMG_1528.jpg


22時ごろにはもうベロベロ

ウユニは塩の反射も有名だけど、それと同じくらい有名なものがある

それは星空

俺は行く前から
「エアーズロックで見た星空を超えるものはない!手で直径10センチの円を作ると、その中に200個くらい星が入るんだぜ?それを超えるものなんて絶対にない」

と豪語していた

24時以降が一番星が見えるということで、外に行くと・・・


大きなこと言ってすいませんでした


360度リアルプラネタリウム

写真がないので伝わりにくいけど、この星空は圧巻だった

星、流れ星の数ではエアーズロックのほうが上だったけど、ウユニは360度どこを向いても星しかない

そしてここで・・・

清水「ちょっとそこの塩の山掘ってみろよ」

そこには旅で出会った人からの寄せ書きと、指輪が!
IMG_1549.jpg

俺に隠れて二人でこのサプライズを用意しててくれていた

指輪の内側には「W.J (World Journey) tts (Takuya Tomoko Shotaro) 2010」と彫ってあり
寄せ書きは、20人近くの人からのメッセージ
誕生日は覚えてくれていると思っていたけど、インドからこのサプライズを準備しているとは思ってなかった

IMG_3912.jpg

そして寄せ書きの最後に

Please, stay gold.

俺の座右の銘 stay gold
いつも、いつまでも魂だけは金ピカのままでいたい
腐らずに、光りつづけたい

その言葉を観た瞬間

号泣ですよ、ええ

IMG_3920.jpg

そして嗚咽
IMG_3922.jpg

清水とアメリカ横断縦断を終えて以来2年半ぶりの大号泣

IMG_3925.jpg

周囲何十キロも人はいないから、星空の下で3人でギャーギャー

俺はHi-STANDARDのstay goldとstarry nightを号泣しながら絶叫してるし、清水は真っ暗な中どんどん奥に歩いて、宮はピョンピョン跳ねてる

25回目の誕生日をこの星空のもとで過ごせて、仲間から祝福されたことを一生忘れない


そしてウユニで見る朝日
IMG_1532.jpg

行くまでに時間も金もかかり、外の環境は厳しいものだったけど(2日半シャワー無し)
ウユニに来れて本当によかったと思う

エアーズロックと並んで一生忘れない夜になった


ちなみに地球の歩き方に載っている「ブリサツアー」に参加したけど、けっこうひどい内容だったのでおすすめしません。
日本人はかなり参加してて感謝の寄せ書きも多かったけど、俺たちが参加したときは
・3人だけのツアーだと言われ、ほかの人と同じバスに載せられる。反論しても無理やり乗せられて結局スタッフが間違ってた
・14時に塩のホステルに着いて「15分スタッフが来て鍵を開ける」→2時間極寒の外で待たされる
・2日目「昼の12時にピックアップに来る」と言われる→ホステルのスタッフに10時に「俺は帰るから出ていけ」と追い出され2時間極寒の(略 (ツアーとホステルは別経営)
・2日目に火山とフラミンゴを観るオプションを無料で付けられると説明を受ける→2日目にもともとそんな時間は無いので国立公園に行って終わり


世界一周ブログランキング参加中です
いつもご協力ありがとうございます

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
[ 2010/07/14 11:24 ] ボリビア(7/8~7/14) | TB(0) | CM(2)

ブラジルビザ奮闘記!(ボリビア・ラパス編)

ボリビア ラパス


7月9日(金)



ショウタロウです

ペルー・プーノでのダウンから回復しました
(前回記事のホステルに感謝です)


今日も標高3500m以上の高地からの更新です


今回のタイトルですが、どこかで見たことが…
そう今回はスペイン・マドリッドでのブラジルビザ奮闘記の続編です
(詳しくはカテゴリーのスペインから参照してください)

ブラジル入国まで残り10日ほど
ここラパスでのビザ取得がラストチャンス!

今回は、スペインでの反省を生かし事前に必要と言われているものすべて準備

(必要書類)

パスポート

銀行の残高証明もしくはクレジットカードのコピー

ブラジル領事館のサイトで入力した書類のプリント

50USドル

黄熱病のイエローカード(時期によっては不要)

証明写真(背景は白)

ブラジル出入国の航空券


朝8時、ホステルを出発

ホステルからは徒歩で30分ほど、朝食を食べ

朝9時、領事館オープン(申請は大使館ではなく、領事館で)


誰も並んでいなかったので、すぐ女性スタッフから呼ばれる

三人「ブラジルビザを取得したいのですが」

女性スタッフ「はい、では必要書類を」

三人「はい、これで全部です」

女性スタッフ「銀行の残高証明がないですね~」

三人「その代りにクレジットカードのコピーを」

女性スタッフ「ノー、クレジットのコピーではだめです。銀行の証明を持ってきなさい」



いきなり、大ピンチ


残高証明とは基本的に銀行で発行してもらうもの
ラパスにはSMBCもUFJも勿論ないだろう

そこで思い浮かんだ最良の方法が、ネットバンキングから残高のページを開き
それをプリントアウトして証明する方法

すぐさま領事館近くのネットカフェに行き、
ネットバンキングの登録をしてなかったミヤと琢也は
日本組と連絡を取り合いながら登録を済ませる

この時点で10時半
領事館の申請時間は12時45分まで

しかし、そのネットカフェでプリントアウトがうまくいかず
一度ホステルに戻り、USBにデータを変換してコピーすることに

この時点で11時半過ぎ

そこからネットカフェでプリントアウト(12時20分)

三人でダッシュ!!!(高地では、すぐ息が切れます)

領事館に着いたのは12時半。閉館15分前ギリギリ


領事館に入ると、さっきの女性スタッフから男性スタッフに代わっていた
無事プリントアウトはできたが、ちゃんとした証明になるかは不安が残る

三人「ビザを取りたいです」

男性スタッフ「では、パスポート・写真・航空券・申請書類を」

提出する三人

男性スタッフ「OKです、では次の手続きへ」

な、なんと全く残高証明には触れられなかった

安心する三人

しかし、そんな三人にもう一つの大きな問題が待っていた

男性スタッフ「一人50ドルを指定の銀行に振り込んできてください。そして、そのレシートを45分までに持ってきてください」

この会話をしている時点で35分、残り10分しかない

聞くと、銀行までタクシーでも片道5分はかかるという

悟る三人「絶対に間に合わない!」

三人「もし間に合わなかったら、どうなりますか」

男性スタッフ「月曜になります」

な、なに!!!
もし月曜になってしまうと、いよいよブラジルに入国できない
ラパスでの発行には最短で2営業日かかるので、水曜発行ということに

しかし、俺たちは水曜の午前の便でチリに飛ばなければならない

最後に残る方法は一つしかない

そう、ごり押し



何度も「ポルファボール(スペイン語でお願いという意味」を繰り返し

事情を説明すると、



男性スタッフ「わかりました。特別に今日の午後三時に受け付けてあげましょう」


こうして、なんとかビザ取得成功!
行けそうです、ブラジル


(まとめ)
領事館は土日休み
ビザ申請時間は9:00~12:45
領事館と大使館は同じビルに入ってます
申請から取得まで2営業日
スタッフによって必要書類が異なる(適当)
最後、振り込みにいかないといけないので時間に余裕を



世界一周ブログランキング参加中です
いつもご協力ありがとうございます

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
[ 2010/07/12 23:04 ] ボリビア(7/8~7/14) | TB(0) | CM(2)

ペルーの女神とボリビアの鬼

ペルーの女神とボリビアの鬼  Miya



ペルーのプーノで翔太郎がダウン

で、その時に泊まっていたのが「PointHostel」というラパスにもあるチェーンのホステル
point.jpg


ダウンしてる翔太郎を心配して、オーダーしたスープに特別にチキンを入れてくれたり、私や琢也に会うたびに「Shoは大丈夫?」と聞いてくれたり、(きっとスタッフ全員に言われた!)特製ホットドリンクを持ってきてくれたり・・・



しかも
カップラーメンを食べるからお湯をくださいって言ったら

「私が準備するから、よこしなさい!!」

と言って、お湯を入れ、フォークとスプーンをつけ

「1分経ったからあと2分ね、終わったらホットドリンクも持ってくるからね」

と・・・

女神!!

まさに女神!!

彼女の名前は「マーガレット」ご主人がホステルのマネジャーで2人でスタッフを雇って宿を運営してる

ホステルブッカーズの評価とか、私たちが日本で宿をやることを知っていることとか
親切にする理由はあるんだろうけれど、でも気持ちよかった!


その後、ボリビアに移動し、今泊まっているホステルが「WildroverBackpackers」
07103.jpg


ドミトリー12ベット!入ってみると・・・

じゃん
07102.jpg


汚!!汚い!!!

しかも女の子が多いんだよ!これで!!

私たち以外は欧米人で男女5人くらいずつ

ここで知り合ったらしく、PCで音楽を流しながらペチャクチャ・・・

もう夜の12時

こっちは10時間の移動でくたくたなのに。。。

仕方ないので、イヤホンを耳にねじ込み、布団をかぶって就寝。疲れてたから即寝



この状況を冷ややかな目で見ていた男がいた・・・


琢也だ

次の日の朝7:00
私たちはビザ申請のため早目に起床
他の人は寝ていて、チェックアウトをする女の子が数人起きてた

そんな中・・・・

ガザガザガザ
ガザガザガザ
ガザガザガザ


騒音の根源は・・・

琢也だ!!

見かねた女の子


女の子:「友達が寝ているから少し静かにしてくれない?」

琢:「はぁ??」
琢:「君たちは昨日俺たちが寝たいのを知ってただろ?それなのに夜中までペチャクチャ話してたじゃないか!これで50-50だ!!」

女の子:「う、うん・・・」

鬼!!

まさに鬼!!

昨夜の状況を見て、琢也はどうやってこの子たちを打ち負かすかを考えていたらしい

もちろん大きな音を出したのも

わ ざ と !!!

この他、打ち負かすために候補のあがったのは

「俺たちは寝たい、君たちは話したい、この状況でそうやって歩み寄るか1人1人意見をくれないか」
「君たちは何人だ?」「ふーん。○○人はこーゆーことするんだな。じゃ、おやすみ」

らしい

・・・

・・・
女の子を打ち負かした後は、きちんと静かに準備をしたらしいけど


やっぱ琢也はすげーや

私にはできないもんなぁー

でもこの位言えないと駄目な時もあるはず。

いやはや
勉強になりました・・・


世界一周ブログ参加中!
ワンクリックお願いしまーす!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
[ 2010/07/10 09:09 ] ボリビア(7/8~7/14) | TB(0) | CM(2)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。