FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

communication×communication

5月16~5月17日

本格的ヨーロッパからこんにちわ(トルコも一応ヨーロッパか?)、琢也です。


ブルガリアの首都ソフィアでの滞在は3日間、しかしあいにくの雨・・・


こんな日は外に出る気が失せて、宿でダラダラしがち



しか~~し!

このブルガリアの宿、hostel mostelでは違った

IMG_0477.jpg

リビングでの居心地が、今まで泊まったホステルの中で、ぶっちぎりにいい!

IMG_0488.jpg

やはりリビングが居心地がいいと、自然とコミュニケーションが生まれる

IMG_0502.jpg

フィンランド人カップルのヨネ・ハネや、日本人のAZUNOさん

IMG_0507.jpg
韓国人やマレーシア人

IMG_0500.jpg
ブルガリアお隣のギリシャ人


俺は、英語が大好きだ

まず表現自体がかっこいいと思うし(他の言語を知らないだけだが)

英語が話されば、目の色が青くたって、肌が黒くたって、バックグラウンドが違ったて、どんな人でもコミュニケーションがとれる
夢を語り合うこともできるし、歴史を語ることもできる、もちろんお互いを批判して喧嘩もできる

どんな人でも交わることができるんだ


まだまだ十分なコミュニケーションが取れるレベルじゃないけど、これまですごくいい経験ができたし、このホステルでも英語は非常に役に立った


そんなブルガリアで、最後に一つ驚くことが起こった



ブルガリア最終日、俺はチェックアウトを終えてリビングでくつろいでいた









うそ






うおおおぉぉぉぉおお~~~~!!!!!!!


健さんがいる!!!

健さんとは現在活動休止中のバンドHi-STANDARDのギタリスト、横山健氏のことだ
2.jpg

実は俺は中学まで英語が大嫌いだった
英語だけ塾に通っていたにもかかわらず、成績は一番悪かった

しかしある日、テレビでHi-STANDARDのstay goldを見た瞬間衝撃を受けた

な、なんだこのバンドと曲は!
それまでJ-POPしか聞いたことがなかった俺は、その曲の疾走感やメロディーの美しさの虜になり、英語のかっこよさに気づいた
そして「この人たちが想いを込めて歌っている曲を、そのまま理解できるようになりたい」
そう思うようになり、必死で英語の勉強を始めた

大学も英語ができる環境の場所を選び、オーストラリア留学、そして様々な仲間との出逢い


間違いなくHi-STANDARDが俺の人生を変えた


そう、そのバンドのメンバーが、東欧のブルガリアに・・・!

IMG_0503.jpg


と、思ったけど人違いでした(笑)

けど、マジで驚いたし、話すだけで心臓バクバクするくらい似てた(笑)


もうこれだけで、俺の
Hostel Mostel評価は100点
普通にスタッフだったんだけど(笑)


いや~いい出逢いだった
IMG_0504.jpg

これから彼は日本人のお客さんに
「俺、日本で有名なバンドマンに似てるんだぜ!」と言いまくるだろう


帰ったら、幕張メッセのライブ行くぞ!!!

世界一周ブログ始めました。ワンクリックよろしくお願いします◎◎
↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/05/19 05:05 ] ブルガリア(5/14~5/17) | TB(0) | CM(3)

ヨーロッパ鉄道の旅・・・

ヨーロッパ鉄道の旅…

5月15日、16日 (ブルガリア ソフィア)

どーもショウタロウです

今回の旅では今まですべて飛行機で国境を越えてきたのだけど

トルコ~スペインまでのヨーロッパ横断は

日本で用意したバルカンパスとユーレイルパスを駆使しての鉄道の旅だ

14日22時のブルガリアの首都ソフィア行きのチケットを

事前に手配していた三人は、21時過ぎに

豪華寝台列車で知られるオリエント急行の始発駅でもあった

ヨーロッパの玄関口セルキジ駅に到着した
(もちろん、三人が乗るのは普通の2等寝台列車)

「さぁ、チケットの予約の確認をオフィスでしよう!」っとしていた時に

急に駅のスタッフが話しかけてきた

駅員「どこに行くんだい??」

三人「ブルガリア!のソフィア!」

駅員「そうか…、その電車はキャンセルだ!!!!」

三人「???…、WHY???」

駅員「電車は走らない、なぜなら線路が陥没したからだ」

三人「いつになったら走るの???」

駅員「まず明日は走らない。何週間後か、大体そんなもんだろう」

三人「ガビーン」(せっかく日本で用意したバルカンパスの意味が…)

駅員「ブルガリアに行きたいならバスに乗りなさい」

と、数分間路頭に迷う三人、そうしていると

ブルガリア人の家族が話しかけてきた

ブルガリア人家族「私たちも困っていてバスで行くことにしたから、一緒に来ない?」

三人「相談してみるよ」

インドの出来事の反省も踏まえて、少し相談

詳しくバスの内容なども聞いてから、ご一緒させてもらうことに決定!

ブルガリア人家族とタクシーをシェアして

オトガルと呼ばれるバスターミナルへ行き

バスでブルガリアに無事入国!

いきなりヨーロッパ鉄道の旅プランは出鼻をくじかれた(笑)


IMG_0471.jpg
いろいろとお世話になったブルガリア人のアレックス

IMG_0490.jpg
ソフィアのアレクサンダーネフスキー教会

IMG_0492.jpg
ホステルで出会ったフィンランド人カップルと一緒に観光

IMG_0498.jpg
日曜のマーケットの様子










[ 2010/05/17 02:17 ] ブルガリア(5/14~5/17) | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。