FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

満月のガンガー そして停電

満月のガンガー

4月28日(水) インド ヴァラナシ

朝8時半、最もインドを感じられるとも言われる街、『ヴァラナシ』に到着する予定だった
(大沢たかおの『深夜特急』、長澤まさみの『ガンジス川でバタフライ』の撮影された場所でも有名みたい)

が、しかし実際に到着したのは12時
噂によると、まだ遅れなかった方らしい

ヴァラナシ駅を出てすぐ、オートリクシャーの兄ちゃんに『オム・レストハウス』に行きたいと伝えると、
自信ありげに『アイ ノウ』と即答した

今回はスムーズに行きそうだった。が…、
降ろされた場所は『オム・ハウス』

なんと物凄く似た名前のゲストハウスに連れて行かれていた

リクシャーの兄ちゃんに、『ここは違う!』と言うと、
『俺はここしか知らない。近くだから歩いて行け』と突っぱねられた

ここからはバックパッカーらしく荷物を背負って歩くしかない

タイ・インドに着てからは毎日の事だか、この日も温度計は余裕で40度ラインを突破している
(たまたまインドで最も暑いシーズンに当たった)

ここから約一時間、彷徨い歩く三人…

多くのインド人に助けられながら、そしてしつこい客引きをかわしながら、
なんとかホテルに辿り着いた
着いたとき、酷暑でひえ上がったガンガーと同じように、三人の喉も渇ききっていた

ガンガー(インドではガンジス川とは言わないらしい)のほとりにある今回の宿は、
アグラ(前回の滞在都市)で出会った世界一周中の日本人ケイスケに紹介してもらった宿だ
旅で得た情報は『○×の歩き方』より、いつでもフレッシュで頼りになる

宿で休憩した後、毎晩ガンガーのほとりで行われているプジャーという儀式を見に行った
宿に滞在している人は、ほぼ毎日と言っていいほど見に行っているらしい

宿に戻ると、日本人ユウイチが激しい腹痛を訴えていた(腹痛は、インドで二回目の入国審査といわれている)
『かなり状況はシリアスだ』というホテルのスタッフの助言もあり、彼はローカルな病院にいくことに

しかしユウイチは英語があまり得意でなく、困っていた

そこで桐村が一言『俺が通訳として一緒に行こう!』

数時間後、彼らは病院から戻ってきた
そこまでの重症ではなかったみたいで、点滴と投薬治療でとりあえず様子を見ることになった
桐村の経験が人の役にたった出来事だった

この日は、ちょうど満月
満月がガンガーを照らし、ガンガーは月を映し出していた

やわらかい月明かりの下、ガンガービューの屋上で
風に吹かれながら、旅人たちと語り合った一夜だった

プジャー
プジャーの様子

沐浴 そして停電

4月29日(木) インド ヴァラナシ

早朝、5時過ぎ
ヴァラナシの夜が明け始める時刻
ガンガーでは、朝の沐浴が始まる

多くの旅人も、その沐浴の時間に合わせて宿を出てガンガーに向かう
ガンガーにはボートがたくさんあって、旅行者の多くはボートから沐浴を眺める

この日は俺たち三人もボートに乗った

川のほとりでは毎日、火葬が行われ
パチパチと音をたてながら、燃え尽きた遺体はガンガーに流される

その川で人々は水を浴びる

桐村がボート乗りの少年に聞いてみた
『ガンガーは汚いか?』
愚問かもしれない

しかし、彼は『汚いと思うよ』と答えた。

『君も沐浴をするの?』

『もちろんさ』

ガンガーは沐浴のイメージが強いと思うが、
実際にはいろんなことが行われている

たとえば洗濯(噂ではクリーニング屋に頼むと、ガンガーで洗濯するらしい)
水泳教室(ガンジス川ではバタフライだけでなく、クロール・平泳ぎのレッスンが行われている)
水球(かなり盛り上がっていた)
散発(大体スキンヘッドにしていた)

この日の晩、久しぶりに酒を飲もうということになった
(インドに入ってから一回も飲んでいない)
ヴァラナシでは、アルコールを公の場で購入したり、飲んだりすることができない
それゆえ、闇市場でこっそり買わなければいけない

日が落ちた後ホテルから徒歩15分ほどのところにある闇リカーショップに向かっていた

道は明かりが少なく、暗い
野犬(狂犬病を持っていそうな獰猛な野犬も)もかなりの数が道端にいる
(インドでは年間数万人が狂犬病で亡くなるらしい)
少ない灯りの中、歩く三人

と、急に真っ暗になった

油断していた

停電だ…

ヴァラナシでは一日に数回、一回の停電は長いときで数時間は続く
世界でもトップクラスに停電の少ない日本ではあまり経験できないことだ

停電すると本当に真っ暗に近い状態になる
灯りはリクシャーのヘッドライトと、蓄電している数少ない家くらいだ

治安や野犬への遭遇を考慮し、泣く泣くビールを諦めホテルに戻ることに

なんとか暗がりの中、無事帰り着いた

インドでは、日本で簡単にできる一つ一つの事が冒険だ

ボート乗りの少年
ボート乗りの少年

朝ガンガー
ガンガーのほとりで


[ 2010/05/01 19:01 ] インド(4/25~5/5) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://100daytrip.blog130.fc2.com/tb.php/15-03da01e7













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。